2006/01/28

面心立方体

エッチングについて調べていたら、いつの間にか面心立方体を調べていました。

モノが解けるにも方向が有るそうで、格子構造と結晶方位がファクターになるのでしょうか?
(↑ いいかげんなので、正しいと思わないように。)

そんな事はどうでもよいとして、Si(硅素)の格子構造は、面心立方体です。
そして、Siは、通常手が4本出ているのですが・・・

どうやったら、面心立方体になるんだろう?
原子の並びを斜めからみると面心立方体になるのらしいのですが・・・・・・・・
頭の中で立体像をイメージできるつもりだったのに、なかなかイメージが出来ません。
普段、機械図面をみた時は、ある程度なら3次元イメージを頭の中に浮かべれるはずなのだが・・・。

紙に書こうとしても、紙は2次元なので、3次元の図は書けません。

教科書にのっているような面心立方体ではなく、
原子レベルで、手のつながりと一緒に書かれた良い資料はないだろうか?


粘土と棒を仕入れてきて自分で組み立ててみる方が早いのだろうか・・・。
(↑ たぶん、これをすれば済む話。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)