« AES暗号をSSE命令で処理 | トップページ | AES暗号・復号 さらなる高速化の研究? »

2011/01/04

intel SSE2命令(SIMD)によるAES暗号処理

ちゃんと、解説ページを作ってみた。

intel SSE2命令(SIMD)によるAES暗号処理
 ↑
トップページ的なもの。


技術資料
 ↑
宇宙の言葉、もう人間が話す言葉では無いような単語が飛び交っているページ。

ファイルを暗号化するプログラム作ってみようかなぁ~。
デフォルトでは、AES-256で鍵は勝手に決めちゃって、

Input.ext ってファイルが入力されたら。

Input.ext.aes   … 暗号化されたファイル
Input.ext.aes.key … 暗号鍵

を勝手に生成するの。
ただし、暗号鍵は、オプションスイッチで別途指定可能なように?

|

« AES暗号をSSE命令で処理 | トップページ | AES暗号・復号 さらなる高速化の研究? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36969/50491616

この記事へのトラックバック一覧です: intel SSE2命令(SIMD)によるAES暗号処理:

« AES暗号をSSE命令で処理 | トップページ | AES暗号・復号 さらなる高速化の研究? »