« オーボエ考察 またナイフについて | トップページ | FF11 アビセア 黄色い箱 エミュレータ »

2010/07/17

FF11 アビセア乱獲パーティの考察かもしれないもの

何回か、野良パーティに参加したり、野良パーティを主催してきました。
野良主催するにあたり、まとめて見たメモを書いてみる。

編成

テンプレート的なものという事で。 狩場は、でき上がった編成と、狩場の空き具合で決めた方が良いと思う。 または、狩場を決めておいてから、それにあった編成を作るか。 自分は、先ず集めてから、狩場を決めます。
パーティ1
  • 盾 :1~2名(ナ,忍) ターゲッターを兼ねる。
  • 釣り:1~2名(シ等)  遠隔攻撃等で釣り。
  • 回復:1~2名(白,赤) 釣りより回復優先。(時間があったら箱開け。)
  • 補助:1名  (吟,コ) 釣りより補助優先。(時間があったら箱開け。)
※歌は、忍者だったら「マーチ」×2といった所かな?
パーティ2
  • 矛 :3~5名(色々)  挑発持ちも入れておく。
  • 回復:0~1名(白,赤) 釣りより回復優先。(時間があったら箱開け。)
  • 補助:1~2名(吟,コ) 釣りより補助優先。
※「メヌエット」と「カオスロール」は相性良いので組み合わせる。 ※もう1枠の歌やロールは、敵の強さや、集まったメンバーに応じて。
パーティ3
  • 魔法:3~5名(黒青召) 序盤は魔法〆を狙う。青発光が育ったら箱開けに回る。
  • 回復:0~2名(白,赤) 釣りより回復優先。(時間があったら箱開け。)
  • 補助:1~2名(吟,コ) 
備考
釣ってきた獲物の寝かしは、後衛全体(白赤黒吟etc...)でフォローする。 起きたら釣り役の所に行ってしまう可能性があるので、挑発、フラッシュ等を随時入れる。 各自、ステータスアップの効果を、Cruor Prospectorから受ける。

箱開けについては、後半、黒や召はやるべき事が減るので、箱開けに回ると良いと思う。
出来れば鍵を持っていく事が好ましいが、自力で開錠し、鍵を提供してくれる人が、開けるべき箱を鍵で開錠するのも良いと思う。

アビセアでの吟遊詩人の釣りは、できなくは無いけど、それよりも歌った方が良いと思う。
どうしても吟遊詩人で釣りをしたい場合は、以下、やってみた感触。
鳥(ラテーヌ)は移動速度が早いし痛かった。あれはサポ白の詩人でやるもんじゃない。
かえる(ラテーヌ)、マンドラゴラ(タロンギ)は、サポ白でも充分釣りできると思う。
ただ、何れも条件として、釣ってきた段階で、他の後衛が寝かしをし、前衛が挑発を入れておくことが前提。
特に、かえるは「ララバイ」をレジストするのが多い。

発光の効果

  • 白(通常〆) :箱の出現率
  • 青(魔法〆) :青箱のランク、確立
  • 赤(物理WS〆):赤箱のランク、確立
  • 黄(属性WS〆):黄箱のランク、確立
  • 黒:取得経験値+2, 取得クルオ+1
  • 銀:取得クルオ+3
  • 金:取得経験値+13

アビセアでのレベル上げにおいて、
滞在時間延長を定期的に出し、経験値の単価を500~600に持っていくには、

【方法1】
  1. 白(通常〆)と青(魔法〆)を同時に育てる。
  2. 延長の青箱が出るようになったら、白(通常〆)と赤(物理WS〆)を育てる。
  3. 延長の青箱が定期的に出るようになったら、兎に角、狩の回転を上げる。赤(物理WS〆)は自然に増える。
【方法2】
  1. 青(魔法〆)を育てる。
  2. 延長の青箱が出るようになったら、白(通常〆)を育てる。
  3. 延長の青箱が定期的に出るようになったら兎に角、狩の回転を上げる。赤(物理WS〆)は自然に増える。

自分は、【方法1】が好み。
箱が出ないと、青箱が何処まで育っているか解らないし、パーティーメンバーに対して、下手に行動を制限すると、狩の回転が落ちるので。
手順(1)の段階中は、WSは序盤に使い、WSで〆ないようにする。
WS禁止にすると、回転が落ちるので、禁止にはしない。
ある程度は、WSで〆ってしまうのは、許容する。(でも、注意は促した方が良いとおもう。)

箱の中身

青箱
  • 箱の中には、見覚えのある石の破片が入っているようだ。 」 … 時間延長。
  • 箱の中には、○○のクルオが入っているようだ。」 … クルオ
  • 箱の中には、特に何かが入っているわけではないようだが、
    この宝箱を開ければ○○経験を得られる気がする。」 … 経験値
  • 箱の中には、○○明るい癒しの光が入っているようだ。 」 … HP,TP回復
  • 箱の中には、テンポラリアイテムが入っているようだ。」 … 薬とか
赤箱
各発光。
黄箱
  • 素材
  • オーグメント装備
  • だいじなもの(NMのトリガー)
  • トリガーアイテム(雑魚ドロップのNMトリガー)
  • 魔法、テンポラリ(青箱から出るものより上位のもの)

鍵で開錠すべき箱は、

  • 箱の中には、とてもとても多くのクルオが入っているようだ。
  • 箱の中には、特に何かが入っているわけではないようだが、
    この宝箱を開ければとてもとても多くの経験を得られる気がする。
  • 箱の中には、見覚えのある石の破片が入っているようだ。

あたりだと、思う。

「箱の中には、とてもとても明るい癒しの光が入っているようだ。」は、2時間アビリティーのリキャストも回復するので、2時間アビリティーを積極的に使いたい人は開錠すると良い。
例えば、吟遊詩人の「ソウルボイス」とかは有効だと思う。
鍵を開けなくても、5回選択に成功しておき、残り1回成功で開錠できる状態にして、吟遊詩人の人に教えてあげる等は有効だと思う。
もしかしたら、自発的に鍵をつかって開錠する吟遊詩人も居るかもしれない。

箱の開錠方法

青箱
前回の数値より上(高い値)か下(低い値)かを当てる。 数値は1~99の範囲なので、確率論的には、前回の数値が
  • 50以上であったら上
  • 50未満であったら下
とすると、当たる確立が高い。
赤箱
箱の空気圧を操作して、特定の範囲の値にする。 感覚的には大体、
  • 小 … 10~20
  • 中 … 20~30
  • 大 … 30~40
の範囲で変動するように感じる。 1桁単位での変動はあまり無く、例えば、10~15の範囲に収めないといけない場合において、現在の空気圧が18であったら、思いきって中ダウンで空気圧を下げて、その後、どの位下がったかで、空気圧を上げた方が良いと思う。
黄箱
2桁のキーとなる値を入力する。 失敗すると、以下、2つのヒントが得られる。
  • 入力した値より上か下か。
  • その他のヒント
  • n桁目は、nである。
  • どちらかの桁は、nである。
  • n桁目は、n~nの範囲である。
  • 1桁目と2桁目の合計はnである。

入力した値より上か下かのヒントは確実に得られるので、まず、指定された範囲のちょうど真ん中の数値を入力する事で、範囲を半分に絞れる。
 例1)11~33の範囲の場合は、"22"
 例2)11~44の範囲の場合は、"27"
例2の場合、その値より下の場合は、11~27の範囲であると確定できる。
もう一つのヒントにおいて、どちらかの桁は1である場合、候補は、11,12,21の何れかとなる。
そしたら、次は、候補の中間である"12"を入力する。
そしたら、その値より上か下かわかるので、残りの候補を入力する。
数値の範囲が、11~99と広くても、この応用でいける。

検索アルゴリズムに詳しい人向けに説明すると、要するに「二分探索」の応用。
頭の中に、配列変数を作って、ヒントによる情報から候補を全て抽出し、配列変数に代入。
配列変数をソートして、配列の中間にある数値を、次に入力する値にする。
で、その次のヒントから、そのヒントに該当しない配列要素を削除して、更に繰り返す。

|

« オーボエ考察 またナイフについて | トップページ | FF11 アビセア 黄色い箱 エミュレータ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36969/48892347

この記事へのトラックバック一覧です: FF11 アビセア乱獲パーティの考察かもしれないもの:

« オーボエ考察 またナイフについて | トップページ | FF11 アビセア 黄色い箱 エミュレータ »