« 勢い?で"smf2mml"なるものを以前作ったが… | トップページ | MASMのメモ »

2009/11/22

Neko Project II のFM音源のエミュレートをちょっと改善させてみた。

前から、FM音源のアタックが、実機と違っているなぁ~と感じてて、

もう、どうしても違和感が気になってきたので、・・・ 自分で直しちゃいました。

同じく気になっている人は、ソースをダウンロードして、次の様に変えてください。

「OPNGENC.C」をダウンロード
FM音源シミュレートのC言語部
このファイルは上書きしてください。

「OPNGENG.asm」をダウンロード
FM音源シミュレートのアセンブリ言語部
元は、nasmで書かれた”OPNGENG.X86”というファイルがありますが、このファイルをコンパイルから除外し、
上のファイルに置き換えてください。
アセンブルは、MASM (Microsoft Macro Assembler) 9.00 で出来ます。
Visual C++.net 2008 なら、既存のファイルを追加したときに、ml.exe用のオプションを自動で書いてくれるはずです。

というか、nasmの使い方知らないから、masm で書き直しちゃった。てへ。

|

« 勢い?で"smf2mml"なるものを以前作ったが… | トップページ | MASMのメモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36969/46825316

この記事へのトラックバック一覧です: Neko Project II のFM音源のエミュレートをちょっと改善させてみた。:

« 勢い?で"smf2mml"なるものを以前作ったが… | トップページ | MASMのメモ »