« Garritan Instruments for Finale | トップページ | あ、M3フェスタ・・・ »

2008/09/16

ビブラートと音楽

アクセス解析で、以外にビブラートという検索ワードが多いのですが、キーワードに『オーボエ』を追加する人や、『オーボエ ビブラート 動画』とか、『オーボエ ビブラート 練習法』と指定する人が多い。

自分は、たまたま見つけた宮村和宏先生のホームページの動画を見たら、一発で出来てしまったのですが、自分の先生が言うには、普通は出来ないものらしい。
『お腹のちょっと上のあたりの、セキをする時に力を入れる部分で、力を入れたり緩めたりする』と、どこかで見かけていたので、それで出来たのかもしれません。

それでも、やはり、自分が最初に出来たのは、テンポ120で8分音符の速さのビブラート。
今は、気付いたら、208で8分音符や、テンポ120で12分音符までできるようになりました。
遅いテンポでもいいから、とにかく、ビブラートやってれば、そのうち出来るようになると思う。
(ただし、ビブラートに使う筋肉は、間違えないように。)

僕は、目指せ、テンポ120で16分音符。
そして、ピアニッシモで、ビブラートをする!!


ただ、僕の場合は、『音楽表現を作るのにビブラートに頼りすぎ』と先生に言われているので、すぐにビブラートが出来たのも、困り者かも。

|

« Garritan Instruments for Finale | トップページ | あ、M3フェスタ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36969/42496680

この記事へのトラックバック一覧です: ビブラートと音楽:

« Garritan Instruments for Finale | トップページ | あ、M3フェスタ・・・ »