« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008/09/24

【FFO】ナイズル島踏査指令

気が向いたので、アサルト『ナイズル島踏査指令』を何回かして来ました。
そこで、色々と解りにくい「ランプ」について、纏めようと思います。

作戦『ランプ(Runic Lamp)の点灯』には、3つの方法があります。
3つのうちどの方法であるかは、ランプ(Runic Lamp)の点灯を試みて初めて解ります。

(1) 認証コードの登録
(2) 同時点灯
(3) 順序点灯

上の3つについての詳細については、以下参照。

続きを読む "【FFO】ナイズル島踏査指令"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/18

あ、M3フェスタ・・・

・・・いいや。
机も電源もないと、展示するネタが難しそうだし。

JASRACと契約して、DQの耳コピ譜の同人出版も面白そうだけど、
そもそも、スギヤマ工房にレンタル譜がある以上、あまり意味が無いような気も…。


M3-2008秋は、FMPSGに参加します。
Wonder Swan音源を普及させよう!!!

86音源の高音質化という話題が繰り広げられています。
せっかくなので、86音源の回路図を起こしてみようかしら。ボードは押入れにあるし。
YM2608専用のDACのデーターシートが無いので、これがちょっと痛い。
86音源って、なんかノイズおおきいんだよなぁ~。
まぁ、パソコンに刺すタイプの音源に低ノイズは期待するものではありませんが…。
パソコンそのものがノイズ源・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/16

ビブラートと音楽

アクセス解析で、以外にビブラートという検索ワードが多いのですが、キーワードに『オーボエ』を追加する人や、『オーボエ ビブラート 動画』とか、『オーボエ ビブラート 練習法』と指定する人が多い。

自分は、たまたま見つけた宮村和宏先生のホームページの動画を見たら、一発で出来てしまったのですが、自分の先生が言うには、普通は出来ないものらしい。
『お腹のちょっと上のあたりの、セキをする時に力を入れる部分で、力を入れたり緩めたりする』と、どこかで見かけていたので、それで出来たのかもしれません。

それでも、やはり、自分が最初に出来たのは、テンポ120で8分音符の速さのビブラート。
今は、気付いたら、208で8分音符や、テンポ120で12分音符までできるようになりました。
遅いテンポでもいいから、とにかく、ビブラートやってれば、そのうち出来るようになると思う。
(ただし、ビブラートに使う筋肉は、間違えないように。)

僕は、目指せ、テンポ120で16分音符。
そして、ピアニッシモで、ビブラートをする!!


ただ、僕の場合は、『音楽表現を作るのにビブラートに頼りすぎ』と先生に言われているので、すぐにビブラートが出来たのも、困り者かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/04

Garritan Instruments for Finale

交響組曲 DRAGON QUESTの耳コピしていて気付いたんだ。

バス・トロンボーンの音色が無い!!
いやいやいやいやいや、オケの2管編成でもバス・トロンボーン入る事あるし、
3管編成だったら確実に入るのに、何故、バス・トロンボーンを抜く!!

製品版のGarritan Personal Orchestraを買えって事なのか!?
まぁ、とりあえず、トロンボーンで代用しているけど、下のC~D#が鳴らない・・・。
耳コピデータの確認を、プレイバックで確認していて、違和感を感じるわけです。

・・・バス・トロンボーンって、別に特殊な楽器じゃないよな?
コールアングレとか、バス・クラリネットは入ってるのに。
個人的には、バスクラやアングレの方が出番がすく・・・。もごもごもご


Garritan Personal Orchestra、やっぱ、買おうかな。
E♭クラとか、コントラバスクラとか、コントラファゴットとか、アルトフルート、バスフルートとか入ってるし。

興味あるのは、ストリングスのキースイッチなんだよな。
廉価版である、Garritan Instruments for Finaleには、
 ・普通
 ・ピッチカート
 ・トレモノ
の3つの奏法の音色が入っているっぽいけど、製品版は、どの程度なのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/03

ブレークスルー思考って

過去に囚われないで、未来だけを見れって考え方なんだけど、
・・・まぁ、保守的な性格なせいか、理解は出来ても納得は出来ないでいます。
個人的には、現在や過去も見ないといけないのではないか?と思うわけです。

でも、『未来を見る』や、『目的展開』は納得。
確かに、過去や現在だけを見ていても、仕方が無いとは思う。
未来の姿を描くと(場合によっては妄想?)。

目的の目的を考えると言う、『目的展開』もなるほどと思う。
常識に囚われないで、目的の根本の所まで掘り下げて、
いわば、「根本目的?(←注:造語です)」の所で考えると言うのは、納得。

例えば、布団の目的は寝る事だが、寝る目的は何か?と考えると、
頭の中をデフラグする事であって、頭をデフラグするのに別に布団である必要は無いわけです。
まぁ・・・頭のデフラグは、寝ないと出来ないと思うが、まぁ、一つの考え方の例として。

そうして考えると、『No.1』では無くて、『Only.1』の製品を生み出せるわけです。
うん、ライバルが要ると、ライバルと競争しないといけないからね。値段とか、質とか、納期とか。

『過去の延長線に未来は無い。』というより、
『惰性の延長線に未来は無い。』の方が近いと思うんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »