« オーボエ修理 | トップページ | ミュージックエイトって »

2008/07/05

オーボエレッスン6回目

というか、あんまり進展せず。
仕事が忙しく、満足に個人練習していないです。

先生 <全力走で吹いているように聞こえる。
先生 <曲がまだ続くことを意識して、ここまで(12小節くらい)で使う力は3割くらいで。(※全体で64小節位)

ほんと、12小節程度で、いっぱいいっぱいでした。
ヤバイね。

ビブラートかけようとすると、音がおおきくなっちゃう。
ピアノやピアニッシモでビブラートする練習要?
という以前に、ピアニッシモそのものの練習が要だ!!

 ↑

そもそも、ピアニッシモが出来ないのに、ビブラートをかけれる事が謎。

メモ:

・オーボエの角度下げない。
・頭の向き下向く
・指をキーから話さないで、キーの近くに。
・Disと、Cの境目は音色が変わりやすいので注意。
 →Disは抵抗が強いから響きにくい。
 →Cは、急に抵抗が下がるから響きやすい。
  オーボエという楽器の癖を覚えよう。
・息は、下(奥?)に伸ばす感じで吹く。
・1つのフレーズは、1つの息で吹く感じで。
・体を動かさないで、息だけで音楽表現が出来るように。

|

« オーボエ修理 | トップページ | ミュージックエイトって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36969/41746175

この記事へのトラックバック一覧です: オーボエレッスン6回目:

« オーボエ修理 | トップページ | ミュージックエイトって »