« シューベルト・ヨハン=シュトラウス, ブラームスの舞曲 | トップページ | 明日のM3-2008春 行きます。 »

2008/05/06

沢山シューベルト ラ・フォル・ジェルネ・オ・ジャポン

5/5(月)に聴いた公演は以下。

 シューベルト 交響曲第7番 ロ短調 『未完成』
 ベートーベン 序曲『レオレール』第3番

 シューベルト 劇付随音楽『キプロスの女王ロザムンデ』
  1.序曲
  2.間奏曲 第1番 ロ短調
  3.バレエ音楽 第1番
  4.間奏曲 第2番 ニ長調
  5.ロマンス『満月は輝き』
  6.亡霊の合唱『深みの中に光が』
  7.間奏曲 第3番 変ロ長調
  8.羊飼いのメロディ
  9.羊飼いの合唱『この草原で』
 10.狩人の合唱『緑の明るい野山に』
 11・バレエ音楽 第2番

結構、上手い演奏でした。
そして、オーボエがかわいそうでした。

確かに、オーボエの音色はすばらしい。
だからといって、所々にオーボエの見所が出てきます。
合唱と、オーボエ・ソロを対位的に動かしたり、とにかく、オーボエソロの出番が多いのです。
主席オーボエは、一人だけ顔を真っ赤にして拭いてました。
周りのフルートやクラリネット、弦の顔は白いところで。
主席オーボエだけ必死です。
途中、やっぱり唇とか、腹筋とか疲れたんだろうな。一回だけ、音をはずしました。
でも、非常にすばらしい演奏です。

公演後、やはり、指揮者はオーボエ奏者をたたせます。
合唱団にも、ブラボーは飛んでましたが、オーボエ奏者にも飛びます。
自分も飛ばします。

このCDは、あとで探して買おう。

|

« シューベルト・ヨハン=シュトラウス, ブラームスの舞曲 | トップページ | 明日のM3-2008春 行きます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36969/41110618

この記事へのトラックバック一覧です: 沢山シューベルト ラ・フォル・ジェルネ・オ・ジャポン:

« シューベルト・ヨハン=シュトラウス, ブラームスの舞曲 | トップページ | 明日のM3-2008春 行きます。 »