« オーケストラを聴く | トップページ | オーボエのリペア »

2008/01/31

アシタカセッ記 for Orchestra

ようやくプレ王のチェックが終わったようですので。
http://players.music-eclub.com/?action=user_song_detail&song_id=189330

オーケストラ版の楽譜をMMLで打ち込みました。
Roland Fantom-XRによる演奏です。
この曲、ピアノも使っているのですが、目立たせると違和感があったので、あまり目立たせていません。
オーケストラ版を聞いたことがないのに打ち込むからですね…。

オーボエを吹くようになって色々と気付いた所があったので、管楽器の打ち込みに多少反映しました。
それでも、本物の音にはまだまだな様な気がします。

運指で倍音成分が変わるところは、1音1音を個別にサンプリングしないといけないだろうので、それはMIDI楽器側でやってもらいたいところかなぁ。
それに、リードを替えるだけでも、音色が変わるんだよね。
それぞれの曲にあったリードってのがあって、
例えば、明るい音がするリードとか、暗い音がするリードとか、柔らかい音がするリードとか。
そういった細かいところをMIDI楽器でやろうとするのは、難しいだろうなぁ~。

ビブラートの掛け方も難しいところ。
本物のオーボエのようにやろうとすると、ピッチベンドとエクスプレッションで細かく制御しないとならないだろうけど、そんな事やるとMIDIの31.25kbpsの通信帯域を余裕で越えるのでモジュレーションでやらなければならないこと。

まぁ、合奏だとそういった細かいところはまぁ聞こえないだろうので、サボります。
モジュレーションで簡易的やってに解決しちゃいます。
ソロ演奏の所も、めんどくさいのでモジュレーションです。(マテ

|

« オーケストラを聴く | トップページ | オーボエのリペア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36969/17910735

この記事へのトラックバック一覧です: アシタカセッ記 for Orchestra:

« オーケストラを聴く | トップページ | オーボエのリペア »