« 最近のアクセス解析より。 | トップページ | WTDのマニュアルに誤植発見 »

2007/06/12

オーボエがんばる

うん。がんばるよ。
がんばってます。

気合を入れておけば、最低音のB♭から、広域のF#のロングトーンは鳴らすことができました。
でも、広域はやはり吹きづらい。気合を入れておかないと、鼻から空気が抜けます。
少しでも気を抜くと、鼻から空気が抜けます。

この前、出張で遠出したので、ついでにオーボエを買った店に出向きリードを購入しました。
というか、出張の書類と一緒に、オーボエを持っていくってどうでしょう?
そういうわけで、店の人に、自分が持っているオーボエと、自分の唇にマッチするリードを選定してもらったわけです。

・・・今まで使っていたリードよりも全然音がいいです。
ドウイウコトデスカ。
これが、『練習2割、リード8割』と言われている所以でしょうか。
ちゃんと、『オーボエの音』がするんです! (ビブラート掛けれればなぁ。)

先ずはピアニッシモ(pp)と、フォルティッシモ(ff)のロングトーンを、全音域で訓練です。
これができないと、次のクレッシェンドと、デクレッシェンドの練習ができません!
中域の音程だったらなんとなくはできるのですが、低域と高域が難しいデス。
高域になるほど、リードに吹き込む圧力が必要になるので、鼻が圧力に負けて、鼻から空気が・・・。
店の人に、対処法を教えてもらったので、訓練ですね。

|

« 最近のアクセス解析より。 | トップページ | WTDのマニュアルに誤植発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36969/15407309

この記事へのトラックバック一覧です: オーボエがんばる:

« 最近のアクセス解析より。 | トップページ | WTDのマニュアルに誤植発見 »