« | トップページ | 交響組曲「ドラゴンクエストIII」Gruelling Fight »

2006/02/08

プログラミング・スタイル?

以前は、かなりソフトウェア・プログラミングをしていたのに、最近はめっきりしなくなった。

元々、アセンブリ言語使いで、ハードウェアに直接アクセスするようなソフトウェアを書いており、
いわゆる、デバイスドライバーと呼ばれる、アプリケーションと、ハードウェアを結びつける中間、
すなわち、ミドルウェアと呼ばれる領域のソフトウェアを書いていました。

最近のコンピューターでは、それらのミドルウェアと呼ばれるモノは、OSの一部として用意されており、
アプリケーションプログラマは、それらの入出力用関数を叩くだけです。

なんというか・・・面白みを感じないのです。

というよりは、ソフトウェアの勉強というより、「OSの勉強」という気がします。
自分の頭の中でのソフトウェアとは、

「 この命令を実行すると、CPUのA0~A16端子にBCレジスターの値が出力されて、
 IORQ端子とRW端子がLレベルになって、D0~D8端子にAレジスターの値が出力されて、
 IORQ端子とRW端子がHレベルになる。 」

というレベルで覚えてしまっています。プログラマーの方々、どうですか?
恐らく、プロのプログラマーの方々でも、宇宙人の言葉に感じるかも知れません。
何せ、ハードウェアの領域なので。

どうやら自分の頭は、理屈や原理から覚えないと、頭の中に記憶してくれないっぽいです。
OSやライブラリの機能が全然覚えられないのです。
ソースリストを全部公開してくれれば、解析してどういう処理をしているのか調べて覚えれるのですが…。
そんなものは、メーカの特有技術なので、教えてくれるわけがありません。
(機能一覧から、機能ブロックくらいは推測できますが)

#まぁ、そんなこんなで、ソフトウェアの道に進むよりは、ハードウェアの道にいくかぁ~と思い、
#今の仕事に就いていますが・・・


とはいいつつ、最近思うことは…自分が昔やっていたような、ミドルウェアを書ける人というのは居るのだろうか?
MS-DOS以前の時代は、ハードウェアを直接叩かないと何も出来ないので、
自ずとハードウェアや、LSIの制御方法を勉強していた人がいるでしょうが・・・

最近、組み込み系ソフトウェアに、バグが多いような気がします。
何でもかんでも、ブラックボックス化する弊害が出てきたかなぁ~と思う、今日この頃。

人命が関わってくる開発現場では、やはりそれらを認識しているようで、
そのライブラリや部品を使う際は、認証として、こういったデータや物が必要らしいです。(以下一例)
(人命が関わって無くても、不良がでたら、それはそれで問題。やはり要求する所は有るようです。)
※Webでの調査。 ISO9000 や、 QS9000 で検索。

 ・サンプル製品
 ・適合性証明書
 ・設計記録
 ・工程変更資料
 ・テスト結果
 ・QC工程図
 ・工程FMEA
 ・設計FMEA
 ・管理計画
 ・工程能力調査
 ・評価システム調査
 ・設計技術承認

やはり、ブラックボックスは怖いと言うことで、どんどんその中身を聞いてきます。
その中身を答えないと、お客様は、その製品・ライブラリを承認しないので、売ることが出来ません。
やはり、回路図やソースリストレベルでは隠しますが、その他はブラックにはしないのが一般なのでしょうか?

医療機器メーカに勤める技術者が言うには、ソフトウェアでもこういったものが有ると言うが、
そういった所でないソフトウェアでは、全然聞かないです。
それどころか、設計ドキュメントすら作らない企業も有り(主にゲーム開発業)、
アプリケーション・ゲームソフトウェア業界は、本当に大丈夫なのか?と、思ってしまう今日この頃です。

バグ多すぎですよ!!

|

« | トップページ | 交響組曲「ドラゴンクエストIII」Gruelling Fight »

コメント

と、偉そうな事を書いてはみたが、当事者じゃないから書けるんだろうなぁ~。(ーー

調べててビックリしたのは・・・
> ・工程FMEA
> ・設計FMEA
このレベルまで要求されるのか!?という事。要はこれって、
「御社では不具合発生を予防する為に、どの様な取り組みを実施しておられるのでしょうか?」
って事を、ありとあらゆる不具合を想定して、資料を作って報告しないといけないのです。

(参考)
http://ja.wikipedia.org/wiki/FMEA


しかし、やっているところは、しっかりとソフトウェアでも設計FMEAをやっているみたいですね。

投稿: S.W. | 2006/02/08 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36969/8571519

この記事へのトラックバック一覧です: プログラミング・スタイル?:

« | トップページ | 交響組曲「ドラゴンクエストIII」Gruelling Fight »