« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005/02/24

Fantom-XRでの曲つくり。

 打ち込みは難しい。
Fantom-XRで作ったものを、SC8850に移植すると、SC8850では聴きにくい。
逆に、SC8850で作ったのを、Fantom-XRに持ってくると、Fantom-XRで聴きにくい。
まぁ、当たり前の事なのだが、その聴きにくさの性質が違う。

続きを読む "Fantom-XRでの曲つくり。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/21

[FFO]プロマシアミッション「応龍戦」

 ネタバレを含みます。
本記事は、自分で攻略法を考えたい方等は、見ないようお願いします。

■目的
プロマシア・ミッションの中で、特に難しいと言われるボス敵「応龍」を攻略してきました。
その時に使用した戦術を書こうと思います。

続きを読む "[FFO]プロマシアミッション「応龍戦」"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/02/16

品質管理

 品質管理に関する記事を良く読むが、非常に面白い記事が多い。
品質管理とは、「お客様」の「満足」を得る為の管理です。お客様の満足とは、即ち、
 1.Quality(質)
 2.Cost(値段)
 3.Delivery(納期)
の3つが上げられる。

 よく、品質とは、「製品」の「質」と取られるが、それは、上記の1項でしかない。
品質とは、上記3つを満足させなければならず、
製品を作る「人」の「質」こそが、語られることが多い。

そして、品質管理とは「お客様に、均一な製品を提供するための管理」であり、
即ち、不良が無いことは勿論、バラツキが無い事も要求される。
(また、場合によっては、質のレベルを上げることも要求される。)

それらを管理をするためには、目的を効率的に達成する必要があります。
それには、PDCA( Plan, Do, Check, Action )のサークルを回すことが不可欠です。
その目的には、
 (1) 問題を解決する事(あるべき姿へ、品質を向上させる。)
 (2) 課題を達成する事(あるべき姿だが、更により良い品質を確保する。)
等があり、これらの活動を継続的に実施することが、「継続的改善活動」です。

続きを読む "品質管理"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/14

3連休。

■金曜日

 最初の金曜日は前回の日記にも書いた、チャイコフスキー「白鳥の湖」より、第4幕 第28曲「情景」の打ち込み及び、公開作業をしていた。金曜日と言うよりは、木曜日の27時位までという表現の方が正しいかもしれない。

 大体完成したら、疲れて寝てしまった。勿論、起きたのは午後になってから。
とりあえず、完成した曲のレコーディングをし、マスタリング、mp3化作業。
同時に公開する為のhtmlを書き、それが終わったら、サーバーにアップロード。
アップロード中は、サクラの掲示板に公開する為に、
GS音源用にエフェクト等を設定するエクスクルーシブを置き換え、
音色定義も、GS音源配列用のものに置き換え、各楽器間の音量調整をする。
そしてサクラの掲示板にアップし終わり、ココログの記事を書いて大体夕方となった。

 疲れたので食事休憩。

 夜は、FINAL FANTASY XI Onlineで気分転換。
21:00~Tiamatをやると聞いていたので、駆けつけた。
まぁ、前回ココログに書いた時よりは、安定して戦闘ができたと思う。
24:30頃に、Tiamatの討伐が成功した。戦闘時間はおおよそ2時間であった。

続きを読む "3連休。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/11

白鳥の湖

第4幕 第28曲「情景」を、Fantom-XR及び拡張ボードに打ち込みが終わった。
最初からFantom-XRで打ち込めば普通に聞こえるが、
それをSC8850用に移植してみると、あら、バランスがちょっと変かなぁ~と感じる。
まぁ、興味があるかたは、是非、聞いて下され。(mp3にも録音しました。)

続きを読む "白鳥の湖"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/07

Fantom-XRで管弦楽曲

■音楽関連
チャイコフスキー 白鳥の湖 第4幕 第28曲 「情景」を打ち込みしてみます。
今までは、Fantom-XRでは練習?で弦楽曲を打ってましたが、
なんとなく感覚をつかめてきたので、今度はもっと規模の大きい管弦楽曲です。

続きを読む "Fantom-XRで管弦楽曲"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »