« ごった煮日記 | トップページ | PSP »

2005/01/05

あけましておめでとうございます。

えぇ、今更な感じもしますが…。
とりあえず、連休中のだらけた生活は、

■12月29日(水)
FFOのM氏と19:00~31:00(朝の7:00とも言う)まで、吉祥寺で飲む。
飲みすぎだ。

■12月30日(木)
ほぼ1日中寝る。当然、二日酔い。
起きたら、FFOで釣りをして、釣りギルドに貢ぐ。

■12月31日(金)
それでも懲りずに、実家で飲む。
親が寝たら、FFOで釣りをして、釣りギルドに貢ぐ。

■1月1日(土)
起きたら、実家で飲む。
夜は、高専時代の友人と飲む。

■1月2日(日)
寝る。
起きたら、FFOでFFOで釣りをして、釣りギルドに貢ぐ。

■1月3日(月)
同M氏に誘われてFFOをやる(プロマシア・ミッション2章「隔たれし信仰」)。
プロマシア・ミッションは難易度が高いというよりは、1つ1つのシナリオが多くの時間を要し、社会人には出来る物ではないという情報が有った。
それ故に敬遠していたのだが、行ってみた所「プロマシアの呪縛」発売当時の1章の様に、1つのシナリオで4~12時間かかるような阿呆な設計にはなっていなかった。
それでも、「隔たれし信仰」の攻略は3時間程かかったのですが…。
次は、ミッション名は忘れましたが、「リヴェーヌ岬A01」とか言う所です。

同FFOにて、釣りがノルマに達成しなかったので、仕方無く魚を買う。
釣りギルドのポイントが、22kになりました。100kは遠いですね。(TT

■1月4日(火)
昼間で寝てしまった。取り合えず、自宅に帰宅する。

Mozart "Eine Kleine Nachtmusik" K.V.525 OGT101 を打ち込んでみます。
今まで、Roland SC8850 を使っていたので、その感覚で同社Fantom-XRを使うと、いまいち、演奏表現が足りない感じがします。
しかしながら、細かいエンベロープを加えてみたところ、やはりSC8850と同様に処理が追いつきません。
そこで、別の方法を考えます。

Fantom-XRには、様々な奏法の音色が入っています。
打ち込みの足りない部分を補う為に、奏法別に音色変更を行ってみました。
しかし、音色切り替え直後の音符にて、音色が変わらない場合もあります。
MML中でt.Random()命令を使い、実際の演奏の様にKeyOnのタイミングをランダムでずらしているのですが、それが起因していそうです。

(1) 音色切り替えのタイミングをこのt.Random();に同期させるか、
  (又は、切り替えるタイミングのみ、t.Random(0);とする。)
(2) それとも自分でパッチ(レイヤー)を使って、スイッチで切り替るようにするのか。

やはり、パッチ(レイヤー)の使い方は覚えた方が良さそうです。
今時、MMLでクラシカル音楽を打ち込んでしまう変態は、多分、私位なものだろう…。

う~ん。連休後半の方が、気合入っているな。
しかも、最後の2日だけ?

|

« ごった煮日記 | トップページ | PSP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あけましておめでとうございます。:

« ごった煮日記 | トップページ | PSP »