« 川越に行く | トップページ | 続・Rland Fantom-XR »

2004/12/19

Roland Fantom-XR

 という音源にひかれて買ってみました。
何に興味を持ったかというと、ピアノ!!!!!!!!!!
88鍵の音を全て録音し、さらに p ,mp, f, ff の音をサンプリング
1台のピアノの為に、波形データを352個詰め込むのってどうでしょう?

その他、オーケストラ曲を良く打ち込むので、ついでに、Complete Orchestraを購入。
以前、SC8850で打ちjこんだモルダウを、ソースリストをいじくって、作り直してみます。
・・・むむむ、なかなか、難しい。慣れるのはかなり時間がかかりそうだ。

 ストリングスも、Violin, Viola, Cello , Contra Bass について、
・mp (弱く退く)の音色。(これは、Violinのみだが…)
・sfz (強く退く)の音色
・ノーマルな奏法
・スビッカート奏法 (テンポが速い曲や、 ゲートが短い音符で使用される奏法)
・スビッカート奏法(スタッカート用)
・ピッチカート奏法 (弦を指で弾く)
・マルカート奏法 (これ、よく知りません。なんなのでしょう?)

等、色々そろっています。
使いこなすのは、当分、ムリかも知れない。スキルが足りなすぎるよ。(~_~

とりあえず、こんなかんじになりました。

|

« 川越に行く | トップページ | 続・Rland Fantom-XR »

コメント

おなかまーおなかまー
XRなかまっすねー

投稿: 石川 | 2004/12/19 02:11

ナニーーーーーーーーーーーー!!!

そうだったのか!!!!!

投稿: S.W. | 2004/12/19 07:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36969/2308095

この記事へのトラックバック一覧です: Roland Fantom-XR:

« 川越に行く | トップページ | 続・Rland Fantom-XR »