« 2002年3月 | トップページ | 2002年5月 »

2002/04/29

Music Mediamix Market

 通称M3(ネジの種類ではない。)に行ってきました。
石川さんのとこから「ゲーミュ職人の本」を2冊奪ってきて、
DDSSさんのブースにずっと入り浸っていました。

# ゲーミュ職人の本に関しては、ここで内容を言うと、僕、
# 石川さんに殺されちゃいますので、入手できなかった人は、
# 夏期コミックマーケットで入手しましょう。

 その後、ちはやふづきさん、だいちゃんが登場、
M3終了まで4人で、まぁ~ったりとしていました。



 さて、M3終了後、石川さんは惜しくも帰られてしまわれ、
我々は、某絵描きのお宅に邪魔することになりました。
まず、DDSS君の今回の作品を皆で聞き、感想・評論を。
その後、だいちゃんがPCのメンテナンス等を、
無駄話や音楽を聞いたり、お菓子を食べたり、アニメを見ながら
(ムービでメンテナンス後の動作テストを兼ねて)
かれこれ翌日の4時半まで寝ずにいたのであります。

・・・
 朝、みな起きられず結局バスに間に合わず2度寝をしたり。
そして、1時間後、バスの時間だからと某絵描きのお宅から
お暇するのでしたが、結局2~3分間に合わず、
結局小一時間ほど駅まで歩くのでありました。そして、
駅前で、皆で朝食をとったら、店を出たのは昼時でした。

 その後、ちはやさんはここで家の方向が違うため、
ここで別れ、3人で秋葉原に直行。
そういうことで、結局実家に戻れたのは18時頃でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002/04/22

飲み会

 今日の出来事ではないのだが、4/20(土)に、
KAJAさんを初めとする様々な音楽関連の方達と飲み会をしました。
皆さん、お忙しいところご苦労様です。

 さて、電気業で一般的に言われている「IT不況」というのがあります。
ITとは、"Information Technology"(情報技術)のことですが、
この不況は日本だけでなく世界各国の先進国に言えることです。
各企業が「こんな事ができるようになる!!」とユーザ、
いや、世界に住まう人々に呼びかけたのは良かったのですが、
現実は未だその技術は達成されていないこと、
インターネットによる情報の過多、
しかも不要な情報が多く本質的な情報は得られない事、
いろいろな要素が混じり合ったものと推測されています。
IT不況による影響はどこにでているかと言えば、
「パソコン機器メーカ」が主であり、それにはじまり、
「半導体メーカ」、そして「関連装置メーカ」、「計測器メーカ」と、
連鎖的に厳しい状況になり、社員のリストラ、倒産といった状況を生んでいます。

 日本においては、更に技術力の衰退が目立っており、
「興味」・「探求心」が減っているのが原因の1つでしょう。
外国から「著作権」といった文化が輸入され、早20年が経ちます。
現在、技術の応用化がすすみ複雑な技術が多々産まれていること、
さらには、「興味」を持って「探求」することを、「知的財産権」によって
禁止されてしまったこと、いや、「知的財産権」の考え方は私も賛成します。
応用技術(※1)をBlackBox化して知的財産権等で保護するのは良いことでしょう。
果たして、基礎技術(※1)をBlackBox化しても良いのでしょうか?
 BlackBox化することは、若い世代の興味心を殺ぎ、
技術に対する興味を無くしてしまうことでは無いでしょうか?
それでいて、「即戦力を望む」のは矛盾があるのでは無いのでしょうか?

 これらの根本はどこにあるのでしょうか?
これらの中で、我々現場の人間、そして経営者は何をすべきなのでしょうか?


※1 基礎技術と応用技術
 その境界線は非常に曖昧であり、明確な線を引くことはできないでしょう。
果たして、どこまでが基礎で、どこからが応用なのでしょうか?
それは、その時の時代や背景・環境、又、
その人が何をやりたいかによって境界線は動的に移動するものと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002/04/17

 新しいPC その後

 結局、この構成で落ち着いたのである。

●PC9821V200
CPU : K6-2 400MHz
MEM : 64MB
HDD : 8GB
OS : Windows 2000 Server (PC98) Japanese
LAN : 10/100MBPS
RS-232C ch1 : Roland SC8850 --> KOLG 03R/W & DX-7
RS-232C ch2 : YAMAHA Mu128
目的 : webアプリケーション開発 & テスト・デバッグ
    作曲(DOS窓で)

●新らしいPC
CPU : Celeron 1.3GHz
MEM : 512MB
HDD : 40GB
OS : msdn版 Windows XP Professional
LAN : 10/100MBPS
RS-232C ch1 : 56kbps modem
LPT : インクジェットのカラープリンタ
目的 : 開発(VS .NETをインストール。)

●ThinkPad i Series model 1464
CPU : Celeron 433GHz
MEM : 192MB
HDD : 6.4GB
OS : Windows XP Professional
LAN : 10/100MBPS
目的 : 半導体開発(本業)
    ソフトウェア開発(VS .NETに移行していく。)
    ゲームで遊ぶ。


 そうだ。もう開発はVS.NETに移行するから、
ノートに無理にNT系(しかも、XP)を入れないんでいいんだ。
Windows 98に戻そうかなぁ~。
 でも、データを一回バックアップしないと
いけないのが面倒。(^^;
あ、でもMS社は、Win9x系を止めて、
NT系(2000以降)に統一したいそうだから、せめて、
Windows 2000にしておいた方がいいのだろうか?
そすると、こっちの方は開発業務以外にも使うから、
msdn版をインストールするわけにはいかず、
製品版のWindows 2000を買わないといけないんだよなぁ~。

 しかし、元のデータを引き継いで、
使うソフトをインストールして・・・
既に、13GB埋まってしまった。
まだ、レコーディングや作曲用のソフトウェアを
インストールしないといけないのに。。。

 あ~PCの導入って時間がかかる。(T_T;



●備考
<Easy CD Createrは、ようやく使えた。>
1.) インストールする。
2.) CD-ROM内のパッチを当てる。
3.) メーカHPから、WinXPに対応したパッチをダウンロードする。

<その他、また出てきた問題>
 其のほとんどが、Win98専用だった。
HPにアクセス・・・
全部合わせると、差分で15MBくらいある・・・
26.4KBpsでどうやってダウンロードしろと。
 とりあえず、Win2000とXPに対応した、
シリアルMIDIドライバーだけ、ダウンロードするのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002/04/16

そして、新しいPCを

「以前、Visual Studio .NETがインストールできない!!
 新しいPCを買うか!!」

 と書いたのであるが、
実は既に購入しており、一昨日届いたのである。
・CPU Celron 1.3GHz
・Memory DIM 512MByte
・VRAM nVidia 32MByte
・Sound Roland UA-3
・LAN 10/100MBPS
・CD-R/RW Read x40 / Write x24
・OS Windows XP Proferrinal(MSDN版)

 付属のEasy CD Creater 5.1 BASICを入れてみる。起動する。
「なんとかDLLの初期化に失敗しました。」
・・・どうやってR/RW使うのだろう?
もともと持っているEast CD Creater 3はXP対応していないし。
かといって、Windows 9x系のOSでは、Visual Studio .NETが
インストールできない。

 さて、問題はこれだけではないのである。
今まで使っていたPC9821V200の方に、Windows 2000 Serverを
入れようとしたのである。プロダクトキーの入力後、
しばらくすると再起動するのですが・・・
PCが立ち上がらなくなった。(T_T;
 仕方がないから、ほぼ徹夜でMS-DOS 6.2をインストールする
というハメに。それで、DOSからSetup.exeを実行するか・・・
と。

 新しいPCを購入すると、
こういう手間があるからめんどくさい。

 データは、既に新しいPCのHDDにネットワーク経由で
バックアップしておいたから助かったが・・・(T_T;


 こんな調子で、5月末納期の仕事(お小遣い稼ぎ)は
終わるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002/04/15

オーディオ・ケーブルの効果

 先週の金曜日は、寮の新入社員歓迎会でした。
オーディオをやっている新人と話し込んでしまい、
それで、日曜日に4000円のオーディオケーブルを2本、
(右、左それぞれ1本ずつ)購入したのであった。

 早速、ミキサーとアンプの間を接続してみて、
そこら辺にあったMIDIデータを聞いてみる。
ジャズ・フュージョンを聞く限りでは音質は
そんなに変化がなかった。

 しかし!! オーケストラを聞いてみる。
「チャイコフスキー・ピアノ協奏曲1番 第一楽章」
楽器全てが使用されて演奏される部分で、
音の響きに無理が無くなったのである。
 更に!!
ピアノの高音部の響きが確実に良くなっています。

 MIDI-ミキサー間も
それなりのケーブルに交換することを考えてしまった。
今は、MIDI-ミキサー間は、そこら辺の電気店に
売っている800円程度のケーブルなのでした。
「ケーブル」といった要素も結構効いてくるのですね。

※大部分は、スピーカで決まります。
 新人は、スピーカに80万かけたらしい。
 ・・・って、何処からそんな金が!!?
 ちなみに、僕は5万。(T_T;
 それでも、痛い支出だったのに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002/04/08

4000Hit

 毎度のことであるが、
またしても切り番を自分で踏んでしまったのである。
しかし、いつのまにか4000まで到達しており、
嬉しい限りでございます。
 めざせ!!5000hit

5000hitの方には、もれなくなにもあげることができません。

 また、自分で踏んでしまうのであろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002/04/01

四月馬鹿

 僕が小・中学生の頃は、嘘に紛れて本当の事を言い、
いかにして「本当」のことを「嘘」と思わせるかが流行った。
例えば、友人に笑いながら
「おぃわた~(※1)、はげたか(※2)が呼んでいるぜ」
と言われたが、その友人は目が明後日の方向を向いており、
笑いながら言われたので、私は嘘だと思い、
「ふ~ん。」で済ませたのであった。
後日、本当に呼ばれていて、お叱りを受けた苦い経験がある。

 その来年、仕返しをすべく、
「おまえ何したの?橋先(※3)が捜しているぜ。」と、
目を真剣な顔で見つめ、声のトーンを落として教えたのである。
もちろん、先生は捜しているはずもない。
彼は、何もやっていないのだから・・・。


※1 「わた」=私が小中学生の頃のあだ名。
※2 「はげたか」=
 中学の頃に所属していた科学部の顧問先生のあだ名。
 うちらの世代だけの呼び名であるので、
 今現在、このあだ名を知る者はいない。
※3 「橋先」=
 友人の担任であり、技術の教師であり、生活指導であり、
 "不良"と呼ばれていたグループもその先生だけには
 逆らえない程、すごく厳しく、そしてやさしい教師。
 「修学旅行の1日が本来は名所の見学であったが、
 説教で午前・午後・夜すべてが使われ、
 その1日はずっと旅館の中であった。」という、
 パワーの持ち主。
  同窓会の時に、来て欲しかったのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2002年3月 | トップページ | 2002年5月 »